「なぜヒトにはすぐ忘れてしまうのに記憶というものがあるんだ」
「なぜヒトは嫌なことほどずっとずっと忘れられなくなってしまうんだ」
「私の記憶は一体・・・何処に行ったんだ?」





始めに
どうもです。
長らく音沙汰ありませんでしたが
ようやく制作が微妙に始まりました
第三回プリシーコンテスト辺りに完全版が出せたらよいなと思ってます

readme にも書いちゃってますが
いろんな素材を今回は作ってます
基本システムと一部SE以外は自作です


登場人物


Dreamer



本作の主人公です
この名前がデフォルトネームですが
自由に変更することができます

一応冷静というか、なんか無関心というか
私の作るキャラによくある無表情感しかないです

いつもの白いやつです


物語

「何をしていたんだろう」
自分のことさえも分からないまま
何故かここにいた
そして一枚の紙ともう一枚の切れ端があった
周りの人たちは元から私がいると言う
混乱する頭の中で紙を握り、歩く。



スクリーンショット
タイトル メニューそして始まり

本当に私がいた町? 会話


ダウンロード
現在バージョン0.1が公開中です
inserted by FC2 system